婚約指輪不要論を一蹴します

今どきは、「そもそも婚約指輪って必要なの?」と考えるカップルも多いのだとか。

確かに、結婚指輪に比べると婚約指輪って、使うタイミングも殆ど無いですし、なにより金額も高いですし、買うのが勿体無い!と感じてしまう人も多いでしょう。

結婚指輪であれば、二人が結婚している証とし毎日身につけるワケですから、ある意味、結婚したら買って当然と思えるかもしれません。

かたや婚約指輪の場合は、あくまで二人が婚約した記念の品ですからね。

当然、結婚指輪みたいに毎日身につけることもありませんし、「実用性」という意味では、コレほど評価が低いものもないでしょう。

となると、地味婚だ何だとお金をかけない結婚が人気の昨今、無理して婚約指輪を買わなくても…、と思う人が増えているのも当然でしょう。

婚約指輪を買う代わりに新居用の家具を買う、あるいは新婚旅行に行く、そのほう確かにお金の使い方としては有意義なのかもしれません。

しかし、そもそもアクセサリーに実用性を求めるのも変な話です。

アクセサリーなんてそもそもの存在として実用性がないものです。

しかも、婚約指輪は二人の永遠の愛を誓う記念の品でもあります。

◆おすすめサイト>>>婚約指輪徹底分析

記念の品って、そもそも実用性とかそういうの求めませんよね!?むしろ、新郎にとって婚約指輪は人生でたった一度だけの新婦へのプレゼントであり、新婦にとっても人生で一度しかもらえない非常に貴重な品物だとも言えます。

新郎が婚約する際の思いを品物として新婦に贈る、これってやっぱり良い習慣だと思いませんか?たった一度のこのタイミング、あるとないとでは大違いです。

二人だけの大切な婚約指輪、ぜひとも準備しておきましょうよ。